サラ金や街金と聞くと何となく悪いイメージを持つ方も多いです。

ところで、このサラ金や街金というのはどういうものなのでしょうか。
まず、サラ金とはサラリーマン金融の略称で、
サラリーマンを対象にお金を貸し出す業者のことです。
つまり、今の消費者金融の事を指すもので、
かつて使われていた名称です。

一方街金とは、街中にある金融会社という意味ですので、
こちらも消費者金融を指しています。

ですから、両者共に同じ業態、消費者金融であるということになります。
ただし、少し違いもあります。両者共に各都道府県に届出を行って営業している点は
同じなのですが、サラリーマン対象ですから、こちらは全国規模、
街金は街中にある業者を指すので、ある特定の地域に根ざした業者、
つまり、会社の規模の違いで使い分ける場合があります。

なお、街金の場合は玉石混合で、闇金と呼ばれる違法業者も
紛れ込んでいる可能性もあるので、お金を借りる際には若干注意が必要です。

消費者金融とサラ金の違いはあるのかと疑問に思う人々は多いです。

これらの違いは無く、同じ物であり、
消費者金融会社などが個人に対して融資を行なう事をサラリーマン金融、
つまり、サラ金と呼んでいました。

最近では、消費者金融会社が取り扱っている個人向け融資は、
カードローンやキャッシングと呼んでおり、基本的な内容はサラ金と変わりません。

しかし、時代と共に融資や返済の仕方が変わっており、
ネットで申し込む事が出来るようになっていますので、
利用者の利便性は高くなっています。

また、貸金業法が改正されて、
年収の3分の1までが限度額に設定される総量規制によって、
昔のように多重債務に陥る人が減っていますので、
安心して利用していく事が可能になっています。

消費者金融会社も大手は、
銀行のグループ会社になったりしており、
経営規模が大きくなってきています。

公式サイトでは、返済シミュレーションのコンテンツが用意されていますので、
これを利用して計画を練る事も出来ます。

ある程度の規模の地域には、必ずといっていいほど、
銀行や消費者金融の店舗があります。

普段見慣れた光景であっても、実際に両者の違いについて、
詳しく知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。
両者ともに金融業者であり、自己資金を他者に貸し付けることによって、
利益を上げているという点では同じです。

しかし、銀行の場合には、利用者にお金を貸し出すだけではなく、
逆にお金を預かって、それを運用することによって収入を得る、
という事業も行っています。

一方で、消費者金融の場合には、
お金の貸し付け業務は行えますが、不特定多数の人から資金を募って、
それを運用する業務は禁止されています。

このように、同じ金融業者であっても、
できる業務には大きな違いがあるのです。

また、消費者金融の場合は、その名前が表す通り、
個人客がメインの顧客となりますが、銀行の場合は、
法人などの大口顧客が多く、それに応じて貸付額も多額になることが特徴です。

消費者金融には様々な名前の業者がありますが、
なぜその名前になったのかと気になる業者もありますよね。

消費者金融大手で知られる業者として有名なのがアコムです。
アコムと聞くとなぜそのような名前の由来になったのかと
すぐにピンとくるという方は少ないのではないでしょうか。

アコムは一文字ごとに意味がある造語です。
アは英語で愛情を意味するAffectionを意味し、
消費者の立場にたったあたたかいおつきあいという行動指針を表現し、
コは英語で信頼を意味するConfidenceを意味し、
消費者とよりよい信頼関係を築くという行動指針を表現、
ムは英語で節度を意味するModerationを意味し、
消費者の暮らしの中に、健全にいきる節度ある企業の姿勢を表現したものです。

このように、消費者金融業者の中には
造語による名前の由来がある業者も多くあります。

気になる業者の名前を調べてみると意外な由来がわかって、面白い発見ができます。

消費者金融とは、個人への貸し付けを主な目的とする、
いわゆるノンバンクの一つです。

貸金業法によって運営されており、大手の6社と中小の業者とがあって、
規模が小さいほど審査基準は緩くなります。
かつてはサラ金と呼ばれていましたが、
今は消費者金融という名称が定着しています。

サラ金時代の記憶がある人は、消費者金融とは金利が高い、
あるいは取立てが厳しいという印象があるかもしれません。

しかし貸金業法の改正により、今法定金利は20パーセントまで下げられて、
取立ても電話と督促状のみとなっています。
その電話や督促状も、必ず個人名でかかって来る、
あるいは送付されるようになりました。

dennwa.jpg
更に、借り過ぎや多重債務を防ぐための、
総量規制も設けられるようになっています。
この総量規制というのは、借り入れる人の年収の、
3分の1に当たる金額を限度額と定めたものです。

この消費者金融で借金をしないためには、やはりお金を稼がないといけません。
お金を稼ぐ方法はいくつかありますが、最近ではIPOという投資が人気があるそうです。
そして今アツいのがhttp://xn--nexco-9h1h802dd0zdscsv5k.com/に記載されている銘柄だそうです。
これは今のうちに購入手続きをやっておいたほうがいいですね。

消費者金融での借入すべてに適用されますので、
複数の業者を利用する場合は、金額によっては借入ができないこともあります。
このような場合は、総量規制対象外の業者や銀行の利用がお勧めです。